iPhoneXとandoroid

スマートフォン市場はアップルが販売するiPhoneXに搭載されているiOSとGoogleが開発したOS Andoroidの2種類のOSがシェアのほとんどを占めています。


PCの世界ではwindowsが寡占状態でシェアを占めましたが、スマートフォン市場ではこの2つの勢力争いは始まったばかりです。

アップルは端末のハードウエアを販売すると同時に、端末に搭載するという形式でソフトウエアも販売していますが、Andoroid端末は他の製造メーカが製造する端末に搭載されるという形式をとっています。

そのため、日本のような独自の進化を遂げた携帯電話市場では、Andoroid端末のほうが従来のサービスに対応しているというメリットがあります。


しかし、iPhoneXは世界統一の規格を採用しているために、日本独自の規格(例えば、suicaなどの電子マネーサービス)には対応していません。


恐らく、今後もガラパゴスと呼ばれた日本独自のサービスにiPhoneXが対応するという事もないと思われます。

しかし、このようなデメリットがあるにも拘らず、日本はiPhoneX天国と呼ばれるくらいiPhoneXのシェアが高いのです。

この原因は、初期のAndoroid端末が、余りにもMPUのスペックが低く、フリーズする、アプリが途中で終了するなどのトラブルが多発したためだと思われます。



原因は日本市場の特異性にOSを合わせたためではないかと思われますが、未だにフリーズするなどの声を耳にします。

スマートフォンはまだまだ成長を遂げる市場であると考えられるため、これからの進化には注目です。

様々なアプリを使用する事で、無限の使い方ができるiPhoneXですが、自己管理に使うと非常に便利だという事を知っていますか?自己管理は、限りある人生を生きて行く中で非常に重要な事の一つです。
時間の使い方をコントロールしたり、するべき事を忘れないようにしたり、食べ過ぎを抑えたり、仕事の評価にも関わってくる部分です。

成功者の多くは自己管理を徹底していて、無駄のない生活を好む方が多いですが、ほとんどの方には、難しい生き方だと思えます。しかしiPhoneXを使用すれば、自己管理をサポートしてくれるアプリが多数あるので、成功者のような自己管理も可能になるでしょう。



時間を自己管理するには、自分が時間をどう使っているのか知る事から始めると良いでしょう。



iPhoneXのカレンダーなどを使用して、何をしたのかメモをするのはどうでしょうか?これにより、何をしたのか可視化できるようになり、無駄な時間を意識する事ができるようになります。またするべき事の管理は、カレンダーは勿論ですが、リマインダーを使用すると非常に効果的です。
リマインダーはある時間になったら通知をしてくれるアプリなので、気をつけたい事などを定期的にメッセージ通知するように設定するのも良いでしょう。


このようにiPhoneXには自己管理をサポートしてくれるアプリが標準で備わっています。

また標準アプリ以外にも、痒いところに手が届くアプリが多数あるので、探してみるのも良いでしょう。